5.通信販売の歴史の話3

その後も私達もよく知っているように、通信販売はビジネスとして更に拡大を続けていきます。1980年代後半以後は女性の社会進出が拡大しました。そして現在たくさんあるような宅配便サービスも拡充していきました。こうした社会的要素、経済的要素も通信販売産業の拡大を後押ししたとも言えます。通信販売は或る意味日本の社会、産業の変化に密接に関わっている、とも言えます。さらに1990年代以後になると、通信販売は更に進化していきます。ここではこれまた現在の私達にも馴染みの深いインターネットが日本で拡大していったことによって、通信販売はビジネスとして更により大きく発達しました。このような足取りを経て、日本でも通信販売は産業として大きく成長していきました。
そして現在、私達が身の回りで通信販売に関する広告や情報を目にしない日は無い、と言ってもいいでしょう。それほど現在では通信販売が産業として大きく成長しました。そして通信販売の市場も拡大し、同時に通信販売の利用者も順調に増えていきました。そして同時に通信販売で扱われる商品も種類、数も拡大していきました。通信販売で扱われている商品、及びサービスも実にバラエティーに富んでいます。現在ではどういった商品が通信販売で販売されているのでしょうか。それを皆さんに理解していくべく、最近の通信販売で扱われている商品について紹介しましょう。
通信販売の販売品目も現在は色々有ります。例えば現在では保存の利かない魚介類等の生鮮食品から、或いは本来ならその地方でしか手に入らない各地方の名産品、更にはパソコン等の大型電気製品に至るまでに拡大しています。こういった実にバラエティーに富んだ商品が、現在は通信販売で販売されており、私達消費者もカタログやインターネット等を見るだけで、簡単に購入できます。家から一歩も外に出ることなく、購入できるようになっています。こうした通信販売の発達は、消費者にショッピングの楽しみを与えると共に、同時に消費者に大きな利便性をもたらしています。私達の多くが、便利で手軽になった通信販売の恩恵を受けている、と言ってもいいでしょう。
このような過程を経て変化、発展してきた通信販売ですが、今後もますます発展していきそうです。今度は通信販売に一体どんな商品が登場するのか、そして一体どんな新しいサービスが繰りひろげられるのか、まだまだ通信販売に関しては楽しみが広がっていきそうです。私達も通信販売の今後から目が離せなくなりそうです。

check

サンワード貿易のセミナー紹介
http://chinmasato.com/info/fxプライス・アクション理論/

最終更新日:2017/2/14