8.通信販売に関するトラブル1

最近では皆さんも御存知のように通信販売に関するトラブルも少なく有りません。通信販売の一種の商取引です。商取引には一定のリスクを伴うものなのですが、通信販売も例外ではありません。実際に通信販売の過程では色々なトラブルが起きています。皆さんも通信販売を利用するに当たっては、そのような通信販売に関するトラブルに巻き込まれないようにしていただきたいものです。何と言っても起こり得るトラブルについてある程度理解したうえで、安全に利用することが通信販売を利用するに関して最も大切なことです。ここでは皆さんが実際に通信販売を利用する際にトラブルに巻き込まれないように、通信販売に関する実際に起こったトラブルの一例をここで紹介することにします。皆さんもよく御覧になっていただきたいと思います。
まずは通信販売で実際に起こったトラブルのケースとして、こんな例を紹介したいと思います。ある消費者が通信販売のよく知られた媒体の一つであるテレビショッピングで、スーツを注文しました。テレビで見たスーツのイメージが大変気に入ったので、早速そのスーツを通信販売業者に対して注文しました。ところがいざそのスーツが届いたところ、最初にテレビで見たイメージと実物のスーツとは随分違っていました。そのスーツを購入した消費者としては、話が違う、というわけです。そこでこの消費者は返品したいと考えました。早速そのテレビショッピングで商品を出していた通信販売業者に商品の返品を依頼したところ、その業者からは返品には送料が必要である、という返事でした。しかしながら、この消費者は返品に送料がかかるのはおかしいと考えました。皆さんはどのように思われるでしょうか。これがここで紹介する通信販売に関するトラブルの一つ目のケースです。
通信販売に関するトラブルに関しては、他にもこんなケースが有ります。次に通信販売で実際に起こったトラブルで、二つ目のケースを紹介します。二つ目のケースとは以下のようなケースでした。これまたある消費者が、同じく通信販売のされている雑誌の広告を見て、ジュエリーが気に入ってそれを購入しました。ところがいざそのジュエリーが通信販売業者によって配送されてきた後、その消費者は返品したくなりました。従って通信販売の業者に返品したいと言う旨で連絡をとったところ、通信販売業者からは返品できない、という返事が返ってきました。こうした返品に関するトラブルも、通信販売ではよく起こることです。

また通信販売に関するトラブルには、以下で紹介するこのようなケースも有りました。これは最近通信販売の一つの媒体として急速に拡大しているインターネットショッピングに関するトラブルの実例です。一人の消費者がとある有名なブランドバッグを、ネットショッピングで購入しました。ところがその商品が実際に送られてきてからわかったことは、何とその商品が偽物であった、ということです。折角かった商品が偽物では、全く話になりません。消費者はそっくり騙されてしまったことになります。一見して信じられないような話ですが、実際のところ通信販売にはこんなトラブルも有るのです。

recommend

セブ島留学パーフェクトガイド
http://www.cebu-ryugaku.info/

2017/2/6 更新

!-- InstanceEndEditable -->